給湯器の寿命を把握しておこう|生活には大事な機器

お湯を沸かすのに必要です

給湯器

一年中利用しています

ほとんどの家庭が、一年中、毎日お風呂を利用していると思われます。夏場は浴槽にお湯は張らず、シャワーだけで済ませてしまうという人も多いでしょうが、冬場は温かいお湯にたっぷりと体を浸して疲れを取り除きたいところです。家庭における給湯器を利用する目的は、主にお風呂で使うためだと言っても過言ではありません。お風呂で使った上で、さらに洗面所で顔を洗うときや、キッチンのシンクで食器の洗い物をするために利用するなど、利用目的も広がります。そんな毎日使う給湯器には、当然のことながら寿命があります。どの程度の期間で壊れるのかという寿命を知っていたら、早めに交換するなどの対応を取ることができ、工事で順番待ちをすることもなくなるでしょう。

冬に壊れるという特徴

夏と冬ではガス料金に大きな差が出ることからもわかるように、冬場は冷たい水を適温のお湯にしなければなりませんので、給湯器は夏よりも頑張って動いています。しかも、夏なら水で済むところ、すべてお湯にしようとしますので使う機会も増えます。たびたび動き、動くたびにフル稼働をすることになるため、冬場に給湯器は寿命を迎えることが多くなっています。8年から10年が寿命とされているところへ、冬場に壊れやすいという特徴を知っておくと、寒くなり始めた秋ごろ、何となく調子が悪くなってきたときにそろそろ寿命かなということにいち早く気づけます。業者に見てもらえば故障なのか寿命なのかがわかりますし、早めの相談なら混雑する真冬に先駆けて交換、取り付けしてもらえますので、早めに気づくことが大事です。

特徴を知っておくこと

給湯器

給湯器の修理を依頼するにあたって気を付けるべき点は、修理が必要なのか、それとも交換した方がいいのかの見極めです。これは素人にはなかなかむずかしいことですので、信頼できる業者を探し、もしもの時に相談できるようにしておくのがいいでしょう。

エコロジーを意識

リモコン

寒い冬が訪れる仙台では、排気熱を利用してお湯を沸かす新型のガス給湯器が人気です。ガス料金を抑えることができる上に、二酸化炭素の排出量も抑えられるので、エコロジーを利用する目的として挙げ、選ぶ人が増えています。

10年保証が受けられる

間取り

ガス給湯器の交換の目安は設置後10年です。安全性を考慮した上で10年を終えたら積極的な交換がおすすめです。新製品であれば、機能性にも優れています。決まった業者を依頼する事で突然の故障に見舞われる心配もありません。